top of page
検索
  • 執筆者の写真HAjime

自殺

更新日:2023年9月26日

Suicidal Tendenciesというバンドのステッカーをギターに貼っていた。GibsonのFlying V。ギターケースの解錠番号は017。17歳の時に買ったギターだ。

Suicidal Tendenciesの歌詞は特に和訳したことがない。

ここ最近、自殺する方が妙に多い気がする。

と言っても、メディアの中だけだが。

コロナウイルスと同様、

メディアの中だけだが。


スマートフォンやアンテナから放出される電波で、思考を操作し、ネガティブへ移行させ鬱状態を作る研究には予算が付けられているそうだ。

他殺よりも自殺で処理した方が何事も助かる訳で。

自殺が現代社会の一般的な行為だと国民が意識されると助かる人たちがいる。


とても、残酷な世界だ。

とても、安易な世界だ。


この2000年の白人文化の中で、

殺せば解決できるという思考プロセスが定着した。


虫も人も動物も殺すことで解決するという共通認識が定着した。


この世界は殺すことにやっきになっている。

殺すために予算をかけ時間をかけ研究を重ね実験を重ねている。

歴史を変え、嘘を報道し、残飯を教育し、ストレスで経済を回す。


時計の針は2,023年7月23日2時14分。


なぜ、死ぬのか。

なぜ、死にたいのか。

なんで、生きるのか。

なんで、生きたいのか。


受動的生存と能動的生存。

受動的欲求と能動的欲求。


あなたに会いたいとか

あなたに触れたいとか


視覚的欲望や触覚的欲望を失った時

安らかに誰かの意図に従い実行する時が来るというのだろうか。


人々よ。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

孤独感の湯にひたり 疎外感の湯 優越感の湯 悲壮感の湯 焦燥感の湯 少しぬるい 幸福感の湯 少し熱い 恍惚感の湯 多幸感の湯 高揚感の湯 敗北感の湯 陶酔感の湯 嫌悪感の湯 虚無感の湯 責任感の湯 劣等感の湯 嫉妬感の湯 罪悪感の湯 絶望感の湯 恐怖感の湯 空虚感の湯 郷愁感の湯 のぼせただろうか

2024年

成れの果て とどのつまり 巡り巡り 帰するところ 2023年が終わり2024年になった そもそも自転も公転も嘘だと思っているので あまりそこの数字の切り替わりには興味がない しかし 産まれてからこの今まで1秒の狂いも無かった太陽と月の2つの動きには驚いている 機械仕掛けだろうか 12月31日からカウンターがリセットされ1月1日になった 私の名前は元と書いてハジメなので 元旦は何かしら意識してまう日

am I me

what makes me suffer Even you Even you Even you Not even you it was me what heals me Even me Even me Even me Not me either it was you I'm the only one allowed in this movie theater Your movie theaters

Comments


bottom of page