top of page
検索
  • 執筆者の写真HAjime

途方がない淋しさ 永遠からの孤独 大いなる否定 無価値への生命力 夜の終わりと過ごし方

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

孤独感の湯にひたり 疎外感の湯 優越感の湯 悲壮感の湯 焦燥感の湯 少しぬるい 幸福感の湯 少し熱い 恍惚感の湯 多幸感の湯 高揚感の湯 敗北感の湯 陶酔感の湯 嫌悪感の湯 虚無感の湯 責任感の湯 劣等感の湯 嫉妬感の湯 罪悪感の湯 絶望感の湯 恐怖感の湯 空虚感の湯 郷愁感の湯 のぼせただろうか

2024年

成れの果て とどのつまり 巡り巡り 帰するところ 2023年が終わり2024年になった そもそも自転も公転も嘘だと思っているので あまりそこの数字の切り替わりには興味がない しかし 産まれてからこの今まで1秒の狂いも無かった太陽と月の2つの動きには驚いている 機械仕掛けだろうか 12月31日からカウンターがリセットされ1月1日になった 私の名前は元と書いてハジメなので 元旦は何かしら意識してまう日

am I me

what makes me suffer Even you Even you Even you Not even you it was me what heals me Even me Even me Even me Not me either it was you I'm the only one allowed in this movie theater Your movie theaters

Comments


bottom of page