top of page
検索
  • 執筆者の写真HAjime

終末感

8月26日。

結局、私は80歳の誕生日を迎えてしまった。

米寿だか喜寿だか、なんのことだか。

美しい状態で最期を迎えたいとか。

朽ちる前に終えたいとか。

腐る前に死にたいとか。

そんなことを思っていた40歳。

結局、私はあれから40歳の倍の80歳まで生きてしまった。


父が55歳で亡くなり、

自分は何歳まで生きるのか、

自分は何歳まで生きたいのか、

自分は何の為に生きたいのか、

そんな事をよく考えていた。


子供は好きで、

子供たちと遊んでいる時が唯一のリラックスできる時間だったが、

二度の離婚で、子供からは悪者になってしまった。


働くのは、実に大変で。

作品を残すのも、実に大変で。


死んだ人間たちが生きている人間たちの人生を操っているのであれば、あの世から大切な人たちを守った方が的確ではないか。

生きていても、どうせ妬まれ恨まれ嫌われ文句を言われ存在を否定されるだけに存在し。


悲しみの泉に沈んだままならば、

そのまま汚泥に包まれ終りを謳え。

と思っていた。


愛され喜ばれた1歳から40歳になり。

40歳からまた40年を過ごし80歳になった。


誰に届けたいのか。

誰に届くのか。

届けなければいけないものなのか。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

孤独感の湯にひたり 疎外感の湯 優越感の湯 悲壮感の湯 焦燥感の湯 少しぬるい 幸福感の湯 少し熱い 恍惚感の湯 多幸感の湯 高揚感の湯 敗北感の湯 陶酔感の湯 嫌悪感の湯 虚無感の湯 責任感の湯 劣等感の湯 嫉妬感の湯 罪悪感の湯 絶望感の湯 恐怖感の湯 空虚感の湯 郷愁感の湯 のぼせただろうか

2024年

成れの果て とどのつまり 巡り巡り 帰するところ 2023年が終わり2024年になった そもそも自転も公転も嘘だと思っているので あまりそこの数字の切り替わりには興味がない しかし 産まれてからこの今まで1秒の狂いも無かった太陽と月の2つの動きには驚いている 機械仕掛けだろうか 12月31日からカウンターがリセットされ1月1日になった 私の名前は元と書いてハジメなので 元旦は何かしら意識してまう日

am I me

what makes me suffer Even you Even you Even you Not even you it was me what heals me Even me Even me Even me Not me either it was you I'm the only one allowed in this movie theater Your movie theaters

Comments


bottom of page