top of page
検索
  • 執筆者の写真HAjime

川の流れ

川の中で川の流れを読んでいるようだ


アートは。




生まれてから今にちまで


それなりの年月がたった


そろそろ人間生活のおさらいをかたっても

よいころではないだろうか



地表が爆破し

山ができる


マグマが存在し

マグマが覆い包まれ

薄皮から火の固まりが漏れ出す


それは山となった


山が無ければ川はない


川が無ければ海しかない


海だけの場所だったということか



よくもまあ海だけの世界が

こんな世界になったものだ


それなりの年月を生きてきた私でも

目を見張る変化がある


急を要する変化なのだろう


その必死さが伝わってくる


私が思うに

人類の創造は失敗だったということだろうか


失敗という指標があるのであれば

成功という指標があったのだろう


今、人類側として存在している私は

成功的人類へ向えばいいのだろうか


山頂から河口へ向けて

私は流されている


予想も予期せぬ流れの中で

浮かんだり沈んだり

流れたり滞ったり


岩にぶつかり

石につぶされ


それがなければ

アートではないだろう


何処へゆくか分からない


マグマが山を作った責任は大きく

マグマを地表で包んだ失敗は

私の責任であり


別に私は

河口に向って泳いでいる訳では無い




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

孤独感の湯にひたり 疎外感の湯 優越感の湯 悲壮感の湯 焦燥感の湯 少しぬるい 幸福感の湯 少し熱い 恍惚感の湯 多幸感の湯 高揚感の湯 敗北感の湯 陶酔感の湯 嫌悪感の湯 虚無感の湯 責任感の湯 劣等感の湯 嫉妬感の湯 罪悪感の湯 絶望感の湯 恐怖感の湯 空虚感の湯 郷愁感の湯 のぼせただろうか

2024年

成れの果て とどのつまり 巡り巡り 帰するところ 2023年が終わり2024年になった そもそも自転も公転も嘘だと思っているので あまりそこの数字の切り替わりには興味がない しかし 産まれてからこの今まで1秒の狂いも無かった太陽と月の2つの動きには驚いている 機械仕掛けだろうか 12月31日からカウンターがリセットされ1月1日になった 私の名前は元と書いてハジメなので 元旦は何かしら意識してまう日

am I me

what makes me suffer Even you Even you Even you Not even you it was me what heals me Even me Even me Even me Not me either it was you I'm the only one allowed in this movie theater Your movie theaters

Comentarios


bottom of page