top of page
検索

2024年

更新日:1月21日

成れの果て

とどのつまり

巡り巡り

帰するところ


2023年が終わり2024年になった


そもそも自転も公転も嘘だと思っているので

あまりそこの数字の切り替わりには興味がない


しかし

産まれてからこの今まで1秒の狂いも無かった太陽と月の2つの動きには驚いている

機械仕掛けだろうか


12月31日からカウンターがリセットされ1月1日になった


私の名前は元と書いてハジメなので

元旦は何かしら意識してまう日であった


2023年は実に大変であった

いや

楽だった

いや

辛かった

いや

苦しかった

いや

幸せだった


2022年の冬にアトリエ兼実家を解体し

失ってから

作品制作ができていない

それは言い訳だろうか


言い訳というのは

もう一本の別の気持ちが存在するということだろうか


2023年の夏の終わりぐらいに

ソーシャルメタバース企業のMetaが運営するFacebookという

個人情報や交友関係

趣味趣向

思想思考などを

クラウドに投稿するアプリから除籍した


2011年の4月から

このアプリに登録し

半ば社会的意見や芸術やアートについて

投稿してきた


プロパガンダ的ノリと

生き別れた子供たちに父の思想や存在を伝える為であった

私の10年以上の投稿を全て見終わるころには

青森の田舎に存在していても

アート偏差値は

都会の子供らよりも上がっていたことだろう


Facebookをやめた理由は

実に衝動的であった


2020年からずっと想いを寄せていた人を

忘れるためだった


巡り巡り巡りあわせ

出会い出会い別れ


出会いは自然発生的で偶発的だが

別れは人工的で意図的だ


何か強い

防衛本能でも働くのだろうか

そこまでして

守りたい

本能とは何なのだろうか


意図的に選んだ結末は

健康的な価値を生んだだろうか


2022年で都内のアートセンターでの仕事を辞めた

辞めたというよりかは

その施設が閉館になるため業務委託契約を解除した


2023年は

横須賀にアートスペースを作る工事をおこなったり

本牧に居酒屋を作る工事を行った

日本美術商協会さんの仕事や

有楽町CADANの最後の撤収作業なども携わらせていただいた

11月に下北沢にアートスペースを作る計画を立てた

いい物件とオーナー様に出会ったからだ


しかし

契約まで辿り着けなかった


現代アートをしたい

という気持ちが消えていない自分がいて

作品を作っていない

作品を作れていない

作品を発表できていない

作品を発表していない


そんな事実が

苦しかったり


2023年の夏ぐらいまでは

昼の仕事と

朝までの仕事を

両立していたが

秋ぐらいからやめた


2023年の9月と12月はほとんど働いていない

働けなかったのだろうか

働いてなかったのだろうか


世の中は所得と名誉に重きを置いており

所得が高いのであれば

特にその内容はこだわらない

数字さえ多ければ

特にその中身は問わない


2023年の12月は

出資や投資や融資などが脳内のトピックだった

親しい人と収益の話しをすると

距離感が生まれた

収益の話しが似合う人と似合わない人がいて

私はどちらなのだろうと考えた


誰かの意見と

自分の意見と


何のために生きているのだろうと

あなたは考えていて


お金が大事だ大事だというのは分かっていて

お金は誰かに認められて誰かからもらわなければならない


サッカーのスキルが認められたり

投票数が多かったり

殺しのスキルが高かったり



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

孤独感の湯にひたり 疎外感の湯 優越感の湯 悲壮感の湯 焦燥感の湯 少しぬるい 幸福感の湯 少し熱い 恍惚感の湯 多幸感の湯 高揚感の湯 敗北感の湯 陶酔感の湯 嫌悪感の湯 虚無感の湯 責任感の湯 劣等感の湯 嫉妬感の湯 罪悪感の湯 絶望感の湯 恐怖感の湯 空虚感の湯 郷愁感の湯 のぼせただろうか

am I me

what makes me suffer Even you Even you Even you Not even you it was me what heals me Even me Even me Even me Not me either it was you I'm the only one allowed in this movie theater Your movie theaters

終末感

8月26日。 結局、私は80歳の誕生日を迎えてしまった。 米寿だか喜寿だか、なんのことだか。 美しい状態で最期を迎えたいとか。 朽ちる前に終えたいとか。 腐る前に死にたいとか。 そんなことを思っていた40歳。 結局、私はあれから40歳の倍の80歳まで生きてしまった。 父が55歳で亡くなり、 自分は何歳まで生きるのか、 自分は何歳まで生きたいのか、 自分は何の為に生きたいのか、 そんな事をよく考えて

댓글


bottom of page